トップ

腰痛と腰の筋肉の関係

なぜ腰が痛くなるのか腰の構造を知る

腰痛改善のために知る腰の構造

30代の女性は腰痛に悩まされる人が増えると言われています。20代の頃は一晩寝れば治っていたのに、最近では仕事が忙しくなると腰痛に悩まされることが多くなった。こんな話をよく耳にします。

腰痛が起こる原因は疲労やストレスといわれますが、日頃から気をつけていても腰痛は突然襲ってきます。腰痛に悩まされないためには腰の構造を知って、腰に負担をかけないような生活をするのが一番です。まずは腰の構造はどうなっているのかお伝えします。

人の体を支えている脊椎(せきつい)と筋肉です。特に脊椎は歩いたときの足からの衝撃が、頭に直接伝わらないようにS字にカーブしています。このS字カーブは、人が2足歩行を始めたときに手に入れた構造といわれ、とても重要な形です。

筋肉はこの脊髄を守る働きをし、S字カーブが崩れないようにしています。ですが、運動不足などで筋肉が弱くなると脊髄に負担が集中してしまいS字が崩れ、その結果腰痛が起こってします。腰痛にお悩みならこちら。

腰痛は脊椎のS字が崩れることが原因で起こります。脊髄はひとつの骨で作られているのではなく、たくさんの骨がつながってできています。これらの小さな骨を椎骨(ついこつ)と言い、椎骨と椎骨の間には椎間板と言われるクッションがあります。ですが、これら椎骨は強い力でつながれているのではなく、腹筋や背筋などの筋肉によってS字が支えられています。

脊髄のS字が崩れると腰痛が起きるだけでなく、椎骨同士がぶつかり合ったり、椎骨の間にある椎間板(ついかんばん)が磨り減ったりします。これらの状態が進むと腰痛に加えて、手や足に痺れを感じるようになりますから注意しましょう。腰はこのように小さな骨でできていて、その仕組みは簡単に崩れやすくなっています。