• トップ

民泊による不動産経営のコツ

不動産経営は民泊を利用する傾向が強まっています。空き家対策としても役立つものですが、通常の賃貸とは異なる利点があるためです。海外からの旅行客に宿泊してもらうことにより、宿泊費用が家賃よりも高く設定できることが民泊による不動産経営が増える傾向の理由です。さらに生活するためには不便な場所であっても、旅行客にとっては魅力ある場所というものが多く存在します。ホテルにとまらずにこのような施設を利用することには理由があります。不動産経営で活用される民泊の物件の傾向としては、日本らしさを感じさせるものが多いことが挙げられます。そのために駅から遠い立地であっても買い物環境に恵まれていないとしても、宿泊客を確保できるわけです。さらに民泊が不動産経営として人気を集める傾向にあるのは、支援サービスが増えていることも理由です。単に海外旅行客との橋渡しとしてやり取りするだけではなく、好条件となる物件紹介も行なっています。また民泊で不動産経営を行うなら、傾向として内装にも工夫が必要となることが見られます。そのためにコーディネーターが室内の改装をアドバイスするなどのサービスが充実しています。その結果、部屋の回転率を高めることにもつながるわけです。

不動産経営の基本情報

新着情報

↑PAGE TOP