• トップ /
  • 民泊不動産経営のメリット

政策の後押しと民泊不動産経営

最近は、外国人観光客が日本に数多く旅行に来ていて、これら外国人観光客が正規のホテルに泊まることができず、民泊を活用しているというニュースをよく耳にするものです。これらのニュースにおいては、違法な民泊が横行していて周辺住民が迷惑をしているというようなデメリットが強調されがちですが、これは逆に考えてみますと、正規の民泊不動産経営を行っている人にとっては、大きなメリットであると言えるのではないでしょうか。それは何故かと言いますと、まず外国人観光客からの宿泊需要が高いということは、このビジネスには確かな需要があるということになるからです。しかも、外国人観光客に対して民間の宿泊施設を活用しようというのは日本政府の政策でもあるわけですから、一時的なブームとして終わってしまうというような代物ではないわけです。すなわち、「政策に売りなし」という投資の格言があるように、民泊の不動産経営をすることに対しては、政策当局からの追い風が吹いていると考えられるわけなのです。そして、民泊不動産経営のもう一つのメリットは、今なら違法宿泊業者との差別化が図れるということです。ですから、これから東京オリンピックまでの数年はチャンスだと考えられるわけなのです。

不動産経営の基本情報

↑PAGE TOP